« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

5月になったら

5月になったら
飛べる
ぼく飛べる
 
ウロコ
ちょっと、気持ちがわるい?

 
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (6)

バイバイエイプリル

バイバイエイプリル
すっかりあたたかくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M・M・マジック

昔から、何かにハマるとどっぷりハマっちゃう私だったんだけど、
ここ1年くらいは特に抜け出せなくなる傾向。
ピカッと欲求が目覚めると、
何日間も同じメニューを食し、
同じ番組を何回も繰り返し再生したり、
どうも満足中枢が鈍感のよう。
今日家にいる間、最近好きな曲を聞いてたの。
リピートして聞いてたんだけど、
なんだかお腹も空いてきたし、
長い間聞いてるような気がして、
音を止めてみたの。
そしたら、無音に耳がほわわわーんってなって、
私何分これ聞き続けてたんだろうと気になってね、
iTunesで再生回数をみてみたの。
・・90回?ほんき?
4分の曲だから、4×90=・・360分?
360÷60で6時間!?(計算あってる?)
しかもまだ聞きたい。
こわいぞ。
いや、もしかしてこれは・・
この曲のマジックなのかもしれない。

だってディズニーの曲だもん・・
ありえなくない。
すごいなディズニー!


Photo
 
 
 


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

神様

涙を流すと、それはまるで悲しいことみたいだから。
だから、泣かない。
涙を流すと、もう止めることができないから。
だから、泣かない。
もう子どもじゃない。
心くらい動かせる。

本当に悲しいときに、悲しいよと泣ける私はどこか行った。
ひとりで悲しいことが、こわいから。


あなたが悲しいなら、
「悲しいよ」と言って泣こうと思う。

私があなたのそばに居たい気持ちと
あなたが私のそばに居たい気持ちが同じくらいなら
「寂しいよ」と言おうと思う。

そうじゃないなら、それはぜんぜん平気なこと。

悲しいことじゃない。
寂しくなんかない。


これは、悲しいことなんかじゃない。
幸せなこと。
そうでしょう。神様。 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

5.10 LIVE情報

Live_2


5月10日。
毎年、あの名字を思い出さずにはいられないこの日。
後藤冬樹さんの家族イベント「後藤家の食卓」がかえってきた!!

「家族」とは何か。
「音楽」とは何か。
「食」とは何か。
ロックな精神、アコースティックな夜、オペラな響き、そして
今まで味わったことのない、んも〜とにかく極上のカレーが待っているこのイベント。

山田リイコも今年はメイド服を脱ぎ捨て(笑)
歌わせていただきます。

見てください。
この豪華な出演者!!!ふわあ〜〜〜〜◎

■□ 5/10(土) □■

[出演] 後藤冬樹/後藤千秋/後藤京子/
いぶき/秋の味覚/中川和弥/山田リイコ/ART/
川上大典/mico/高瀬"makoring"麻里子/芙咲由美恵/他、後藤家のみなさん
▽司会/シミズキック
▽友情出演/取締役 松本隆博

[場所] 高田馬場 四谷天窓.confort
  
[時間] 18:20 START

[料金] ¥2500+1d

[電話] 0353386241

[案内] http://www.otonami.com/comfort/news/index.htm

チケットに限りがございますのでご予約はお早めに!
また、当日券の発行はございませんのでご了承ください。

■□Live予約□■

yamayama_ringo@yahoo.co.jp
お名前、枚数、ご記入のうえご連絡ください♪
 
 
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

恋をしました

ああこの感じ
そうこの感じ
胸がきゅんとする
きゅんきゅんする
私、恋をしたようです

出会ったときに流れていた
この音楽を聞くだけで
あの瞬間が
心が
鮮明によみがえる
目から涙が飛び出そうな
幸せな気持ち

この想いは届けられないけど
もうきっと会えないけど
いいの
絶対忘れないから

この恋心は、永遠なの

どなるどー!

うおー
はなぢぶー!

山田リイコ  春

Dona
 
 
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

ポッケのなかには

ポッケのなかには方位磁石

カバンのなかには親友のゴマちゃん

歩きながら歌ううたは

さんさんさん太陽のひかり
ぼくらの肩にふりそそぐ
さあ 手をつなごう
いっしょに走ろう
僕らは仲間だ
さんさんさんさわやか3組〜♪

ここは毎日雨がふる
青空のなか、雨がふる
毎日傘がひっくりかえる

コーラ頼んだら、パックのフルーツジュースがでてきた

ビール頼んだら、ワインがでてきた

道教えてくれてるのかと思ったら、聞かれてた

道に飛び出してバス止めた

マックの店員さんに「私はサッカーが好きです」と言った

草原からのびる虹の橋を見て

海の真ん中の1本道で朝陽を見て

夜空からふる天使の羽を見た

ここは、夢の場所

でも、ここで見る夜の夢は、つらくて悲しい


書きたいことがたくさんなのに書けない。

明日、東へ。

 
 
 
P10903152

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

思う

わたし、ものを考えるとき
日本語で考えてるんだろうか

あの人は英語で考えてるんだろうか
アイ・・から始まって
考えてるのかな?

あの人はフランス語?
スペイン語?

じゃあ、言葉をひとつも知らずに
生きてきたら
どんなふうにものを考えるんだろう

心のなかで言葉をつくってみる

「パンが食べたいな」

「あー、パンが食べたい」

「パーーーン。」

言葉を作って考えたら、
私今、そう思ってるんだなって気がするけど、

もしかして
言葉で考えてなんかいないんじゃないかな

日本語をしゃべるから、
日本語で考えてる気になってるだけ
だったりして

そしたらさ、なんか
おもしろいよね。

 
 
今日は晴れ?

もうすぐ
あなたの太陽がやってくる

おもしろい。
 
 
 

Sany04952
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠く遠く

元気だよ
いろいろ感じて
いっぱい歩いてるよ
 

笑顔と音楽
最高ハッピー
 

みんなは元気かな
 
不思議に思うことがいっぱいなんだ
 
勉強したら、
解決するかな。
 


 Sany04202_3
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

EARTH

EARTH
空はどこまで続くかな。 
今日はいつまで続くかな。
 

地球は小さいのか、大きいのか、
青いのか、赤いのか、黒いのか、
ホント、わかんないね。 
なんで地球のどこに立っても、足は地面にくっつくんだろ。
わかる?
わかんない。
 
でも、丸いよね。 
地球が丸いのはね、1人隅っこで泣く人がいないように、なんだって。
 
誰かの歌詞だって、友達が友達に教えてもらったのを
教えてもらったよ。

良いね。
 
大きなことは望んでないさ。
難しくない、すごく簡単なこと。
 
だから、手をつなぎたいな。
自然なこと、美しいこと。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

問題です

問題です
世界中が雨でも
青空を見ることができる方法
 
なーんだ?
 
 
 
正解!
雲より上に行くことでした。
 
 
東京→関西国際空港行きの飛行機、
飛び上がれずに約2時間。
飛行時間約1時間。
でした。
3時間飛行機の中。
とほほん。
 
 

関西国際空港→東京行き、
17:55発予定の飛行機待ち。
 
18:25発に変更。
 

新情報。
 
19:25発に変更。
 
♪帰りーたい
帰れないー
 
しくしく。
 
雨は、
こわいのぉ。
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

真っ暗雨の音

真っ暗雨の音
ねーえ。
起きてる?
すごい雨だねーえ。
雨降るのって、あたりまえだけど、
不思議だよねぇ。
なんで雨ふってくるのかなぁ。
人間がはじめて雨に出会ったとき、
どう思ったかなぁ。
 

星も太陽も月も、どう見てたのかなぁ。
空が朝になったり夜になったり、
雨が降ったり雪が降ったり、
草が生えてくるのに気付いたり、
鳥が飛ぶのを見たり、
全部に誰かの初めての日があったんだよねぇ。
 
 
ねぇ。
タイムマシンがあったら、どこに行こうかねー?

 
 
それにしても、すごい雨。
やみそうにないね。
ねぇ。
おやすみね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

最終電車には何かある。

今、ホームで最終の電車を待っていた。

茶髪の兄ちゃんがスタスタ現れて、
近くに立っていた、おどおどした青年に向かっていった。
 

「おめぇ、さっきのはなんなんだよ。」
茶髪の兄ちゃんが怒っていた。
「な、なにってなんだよぉ」
「なにじゃねぇよ。なんか言ってっただろ?」
「な、なんも言ってないよ」
「言ってただろ!?」
 
 

あぁやだ。けんかになる。
おどおどした青年、なんか言ったっぽい。
はやく茶髪兄に謝るんだ。
茶髪兄がおどおどした青年の肩をドンドンする。

周りには私も含め傍観者6、7人。
駅員さん呼んでこようかなと思ったそのとき
最終電車が到着した。

とりあえず乗った。
終わるかな。
終わっておくれ。
茶髪兄もおどおど青年を押して乗り込んだ。
ずっと怒ってる。
おどおど青年は謝らない。
 
電車が動き出しても、茶髪兄は止まらない。
「障害者だか知らねぇけど調子にのんな」
 

帽子をかぶったお兄さんが立ち上がった。
「やめなさい、皆迷惑してるから」

「おめぇ誰だよ。関係ねぇだろバカ」
 
 

茶髪兄、そりゃだめだ。
もうだめだ。
もう誰も味方しない。

茶髪兄は止まらない。
 
 

隣の男子学生が立ち上がった。
反対隣のおじさんが立ち上がった。

「うるさいんですけど!」
遠くのお姉さんが立ち上がった。
「車掌さん呼んできますよ!」
向かいのお姉さんも立ち上がった。
 

隣の駅に着き、駅員さんや、車掌さんが現れた。
電車の中には変な音のベルがなって、
茶髪兄は警護の人に抑えられた。
「なんで俺だけなんだよ」
怒って、電車から降りようとしない。

「当事者は誰ですか?」
「この2人です。」
「オメーなんだよ。お前も降りろこのガキ」
「あなたも?」
「彼は止めに入っただけです。」
警察を呼ぶことになった。
 
 

チクタクチクタク
最終電車、乗り換え電車。
車内に緊張感。

結局、おど青年と茶兄の2人が降ろされ、
わーわー聞こえるなか、電車の扉が閉まった。
 
 

遠くのお姉さん
向かいのお姉さん
帽子のお兄さん
男子学生さん
サラリーマンのおじさん

みんなが静かに席につく。
 
 

立ち上がること、しなかった私。
「ありがとうございました。」
頭さげた。

そしたら、周りの人たちが
「ありがとうございました。」
「お疲れ様でした。」
男の人も、女の人も、頭さげた。

正義の味方は
「いえいえ、すみませんでした。」
と、なぜか謝った。
 
 

そのあと、電車の中では、
サラリーマンのおじさんと
スラッとしたお兄さんが
「困ったものですね」
と会話をはじめた。
 
 

時間遅れで終点の駅についた。

最後に一言二言交わし、
みんなそれぞれ電車を降りていった。
 
 
 

その後、
私が乗り換えの最終電車に間に合ったかどうかは
・・・・(笑)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

ひとり遊び☆番外編

ひとり遊び☆番外編
 

ワシは魔法使い。
勇者よ、旅の仲間として共に行こうじゃないか。
 
 
 

こんな私の遊びに付き合ってくれる人に、
この先何人出会えるかしら。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

母桜

母桜
去年はこんなに桜に出会わなかったです。
今年イッパイ出会います。
国立の駅だよ。
駅構内から、外に出たとたん広がった景色。
見事ー。
やったーまた見れた桜ー。
桜*桜*

待ち合わせしていた方が目の前にいて、
私を見ながら待っているのにも気付かず、
ウヘウへ顔でこの写真を撮りました。
3秒後に私は飛び上がり、
4秒後に「もーおしわけありませんっ!」と真っ赤な顔して謝っています。
そのお方が写真に写ってなかっただけ救い(笑)

今日は、たくさんのお母さんと子っこちゃんに会いました。
私、この仕事をしてから思うようになったことが1つ。
毎日いろんな親子に会うようになって気付きました。
お母さんって、美しい。

理由もなんも分からないけど、なんか、なんか、特別な美しさがある。
私がどんなヘアメイクさんにツルツルにしてもらっても、
スタイリストさんにピカピカにしてもらっても、
フンコロガシさんにゴロゴロしてもらっても、
絶対持てない美しさ。
もってないから気付いちゃったのかも。
化粧とか、年齢とか、顔立ちとか、
多分そういう上辺なものだけじゃなくてねぇ、
なんだろねぇ、母という強さ?優しさ?なのかしら、わからない〜。
うん、でも子どもといるときのお母さんって空気がまる〜くて柔らか〜〜い◎

さぁー
4月になったー。
進学、入学、入社、
の皆さん、おめでとうございます。
4月から環境が変わる人も多いんでしょうね。
どうかお体大事に暮らしてください。

エイプリルフール。
1番についた嘘は、怒という嘘でかえされ、
「ごめんなさい〜涙」で終わりました。


私はこの世に、謝るために生まれてきたのだ〜
参ったか〜
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »