« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

「砂時計」の旅。3

砂時計といったら「3分」。
そんなイメージでした。
 
ここにあるのは
 
7
 
「1年」。
 
だいたい今は1年の半分くらい。
だから、落ちている砂も半分くらい。
 
上の砂は「未来」。
細い筒を落ちていく砂は「現在」。
下の砂は「過去」。
  
ああ、今が過去になる。
  
8
 
この1年砂時計があるのは、
仁摩サンドミュージアムhttp://www.sandmuseum.jp/
というところです。
 
「砂時計」の主人公杏ちゃんは、ここでお母さんに
「1分砂時計」を買ってもらうそうです。
彼女はある日、その砂時計を壊します。
そして再び、大悟くんから「1分砂時計」を与えられます。
 
それは、彼女の宝物になり、
生きる意味さえも与えてくれたそうです。
 
わたしは、今回「砂時計」を求めて一緒にここに来た友達に
その「1分砂時計」を贈りました。
 
彼女がいつか、自分で買ったものじゃないことを思い出してくれれば、いいな。
 

090514_17450002
 
 
つづくsandclock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

「砂時計」の旅。2

きゅ。きゅ。きゅ。
 
「鳴砂」をご存知ですか?
そう、踏むときゅっきゅっと音がする砂です。
 
その鳴砂で有名な砂浜「琴ヶ浜」に行きました。
 
きゅ。きゅ。わーゴマちゃん!?
なくー!ないてるー!
 
ここで大悟は言いました。
「オレの惚れた女はそぎゃん弱かねえ」
 
きゅ?
090528_21080001_2

砂きれいー!
海きれいー!
はしゃぎすぎてる夏のこどもさっ!
 
さっ!
 
Sany0172
 
 
きゅ?
090528_21260001 
 
 
ゴマちゃん…
おいていってごめんね…
 
 
つづくrain
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

「砂時計」の旅。1

「砂時計」という漫画、ドラマ、もしくは映画をご存知ですか?
 
わたしつい最近、その舞台になっている「鳥取・島根」を巡る
「砂時計」の旅をしてきました。
ところで砂時計ってどういう話ですか?(笑)
見た事ありません(笑)
 
こちらは、「縁結びの神」で有名の出雲大社。
日本一のしめ縄…長さ13m、周囲9m、重さ5tだそう。
そのしめ縄の先にお金を投げ入れて、はさまると願いがかなうといわれています。
たくさんのお金がはさまっていました。
 
なんでも、主人公の杏ちゃんが何度もチャレンジしていたらしい。
私もチャレンジ!
チャリーン(落)むずかしいー!みんな見んなー!(笑)
本気になってきた!それー!
 
2
しゅぽ。
 
5
 
はいったー!はくしゅー!
 
で、杏ちゃんって誰かねー(笑)
 
続いてこちら、「恋占いの鏡の池」で有名の八重垣神社。
12
 
占い用紙の中央に10円もしくは100円を乗せそっと鏡の池に浮かべます。
文字が現れます。
 
次にこの紙が池の中に沈むまでの様子で良縁を占います。
15分以内に沈むと早く良縁に恵まれ、30分経っても沈まない時は縁遠いそうです。
また近くに沈むと近くの人と、遠くに沈むと遠くの人と縁があるそうです。
 
杏ちゃんが大悟くんと来て占ってたそうです。
わたしは…
 
6
 
3分で沈みました。信じます。
 
こちらは、友達の紙が沈む瞬間。
ひゅるりん。と池の底へ消えてゆきます。
 
11
 
 
えっとところで、
大悟くんというのは…(笑)
 
 
つづくheart01 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

自分のうた

歌がお仕事になってから早何年…
ありがたいことに、たくさんの歌を録ってきました。
お仕事なので、録ったものを改めて自分で聞くことって
なかなかできないのだけど、
録るたびにデータをくださるアレンジャーさんもいました。
そのデータを、さいきん全部聞いています。
 
声を何度もかさねて録った歌
わざと誰かに似せて歌ってる歌
こどもっぽい声
おとなぶった声
自分のうたいまわし
自分の歌声
全部自分だけど、全部ちがった。
 
今のわたしは、
「自分」は自分のうたをうたう「わたし」だと思った。
 
でも、どの歌も、
どの歌をうたう自分も、
大好きです。
 
 
メロディ 言葉 ありがとう
ありがとう 声!!
 
がんばろうね。
 
うん!
 
090507_18540001
(歌の波形たち)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

うっかり八兵衛

うっかり八兵衛
引きこもって音源制作&曲作りに没頭します!!!
 
…と、書きながら
仕事で水戸に向かってました。
ちょーアウトドアでした。
 
水戸黄門さまにご挨拶。
飛猿がタイプ。
 
新型インフルエンザ、恐ろしい感染力ですね。
関東でも広がりつつ…。
毎日このニュースばかりで、怖くなってきます。
わたしの抵抗力…あるかしら…。
不安なので、今から
うがい!
手洗い!
睡眠!
栄養!
歯磨き!
トイレ!(アイドルは行かない)
万全の態勢でウイルスと向き合います。
 
それにしても、
皆さんご存知ですか?
マスクが…
入手困難です…。
 
水戸駅のマツキヨまで「マスク品切れ中」でした。
 
黄門さまぁ〜。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

晴れたら空にトラ!

晴れたら空にトラ!
「晴れたら空に豆まいて」
お越しいただいた皆様
ありがとうございました!!
 
最後まで観ていってくださった方、
チラシをもらってくださった方、
コメントくださったsivaさん、
出演者の皆様、
晴れたら空に…の皆様、
ありがとうございました。
 
 
グランドピアノさんは、やはり器が大きいです。
そしてペダルがずれていかないから好きです(笑)
しかし足のお行儀悪くてすみません。
しかもお水たらしちゃってごめんなさい。
 
マメの歌、作りた〜い!
マメマメ ふふーッ
マメふふーッ
(イメージ)
 
 
今日のステージの主役は、彼だったかもしれません。
ど根性ガエル的?
 
ライオンじゃないよ。
猫じゃないよ。
 
ど根性トラ。
 
 
次のLIVEは、6月4日
「四谷天窓」です!
 
それまでは、引きこもって音源制作&曲作りに没頭します!!!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

5.20★LIVE情報

Live_2
 
明日ー!!!!!
 
5月20日(水)
 
代官山「晴れたら空に豆まいて」
http://www.mameromantic.com/
 
豆仕掛けの音楽たち
 
[出演] 二足のサンダル/Ayako/宮上ゆみ/山田リイコ/Mei

[料金] 前売り2000円 当日2500円(共にドリンク代別途)

[開場] 18:00

[開演] 18:30
 
山田リイコは2番目19:10頃からのステージです。
 
New_mapb

豆仕掛け(笑)
 
 
ご予約、ご質問は、左上の「メール送信」からお待ちしています♪
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

asian cafe

初めての場所「asian cafe」でのLIVE。
ご来店いただいた皆様
出演者の皆様
マスターさん、熊倉さん
ありがとうございました。
 
LIVEがネット上でリアルタイム配信されていたようです。
見ていてくださった方がいるのかしらhappy01
 
いろいろとハプニングライヴになってしまいましたが(ごめんなさい〜〜)、
チラシをぶわーむしろぶわーってやった瞬間は気分絶頂でした…(笑)
 
帰り、対バンの素敵な歌うたいさん大井さやかさんと意気投合し、
わいわいご飯を食べて帰りました。heart04
 
いっしょに東京で、ガンバロウねっshine
(2人とも北海道出身(笑))
 
なまらがんばるべさ〜horse(言わない)
 
090517022
(写真、ありがとうございました♪)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

すぐにまたLIVEします!

 
次回LIVE情報です☆★
 
5/17(日)…「asian cafe」
 
<OPEN>19:30
<LIVE START>20:00〜
 
チケット\1000+1ドリンク制
 
学芸大学駅徒歩1分
tel 03-3712-9993
 
山田リイコは21:00から歌います。
 
 
5/20(水)…「晴れたら空に豆まいて」
 
代官山のライブハウスです。
詳細は近日中に!
 
 
お時間ありましたら、遊びにいらしてください♪
 
ご予約、質問は、左上「メール送信」からご連絡ください♪
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

間地家の食卓

間地家の食卓
「後藤家の食卓」まであと少し。
最近私は、「間地家の食卓」にお邪魔しました。
 
お父様がjazzピアニスト。
お母様がシャンソン歌手。
歌、演技、ダンスもこなす舞台人のお嬢様。

そして、家族想いのお兄様。
という音楽家としても興味深く、人としても魅力溢れた間地一家のファミリーコンサート。
略してファミコン(笑)
 
 
カフェでのコンサートは、若い人から年配の方まで満席満席。
会場の至る所から聞こえる「なんてあったかい家族!」という声。
ほんの2時間という枠のなかで、あの場所にいたほぼ全ての人にそう思わせるコンサート。
 
人柄が見える「音楽」、とても輝いていました。
 
娘さんのまどかちゃん(私はマチコと呼んでいる)は、初めて会ったときから「舞台」が似合う人だなぁと思っていました。
もって生まれたものなのか、長年の積み重ねにより滲み出るオーラなのか…
大好きな友だちであり、とても尊敬するアーティストです♪
 
 
マチコとパシャリ。
 
 
マチパシャリーコ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

大きいこどもの日

ドラえもんたちに会いに、としまえんに行きました。
乗り物にひとつも乗らず、お化け屋敷にも入らず、
唯一、昆虫館に行きました。
えーん、、、、たらんちゅらー、、
 
でも、ドラえもんたちが可愛すぎて昆虫のことなどすっかり忘れました。
 
12時と2時のショーを両方見て、
子供たちにまざって、うっかり握手会にも2回参加しました。
「大きいおともだちきたよー」
 
しずかちゃんがハグしてくれましたheart04
 
昆虫のことなんてすっかり忘れました。
 
Sany00302
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

5.10★LIVE情報

Live

5/10(日) 『後藤家の食卓』

【場所】吉祥寺MANDA-LA2

【出演】

後藤千秋
後藤京子
後藤冬樹 ■http://www.starman.co.jp/goto/

石田貴仁 ■http://blog.livedoor.jp/takahitoishida0704/
いぶき ■http://ibuki2002.exblog.jp/
大瀬ゆうさく ■http://blogs.yahoo.co.jp/oseyusaku0609
タカハシカズヤ ■http://ameblo.jp/takahashikazuya/
パララックス ■http://accoholic.com/ ■http://blog.livedoor.jp/emiu/
Mackey ■http://blog.goo.ne.jp/redmac_2005/
山田リイコ ■http://riiko.cocolog-nifty.com/blog/
芙咲由美恵 ■http://www.yumie.jp/

友情出演/
松本隆博 ■http://blog.takahiro.cc/

司会/
シミズキック

【時間】オープン16:00/スタート17:00
【料金】¥2500(後藤京子の名物手作りカレー込)+drink代
【電話】0422421579
【案内】http://www.mandala.gr.jp/man2.html
 
 
チケット、今日明日中には完売しそうです。
興味のある方は、左上の「メール送信」からお名前と枚数を送ってください♪
又は、コメント欄にお願いします♪
 
お待ちしてます♪
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 1日 (金)

お疲れ様写真。

お疲れ様写真。
舞台監督の井口さんが一言。
 
「今回、りいちゃんには1番冷たかったかもしれないな。」
 
え、いやだ
なんでですか〜
 
「この子には何も言わなくて大丈夫だ、と思ったから。」
 
それって
すごい信頼ですね…
 
「そうだね。」
 
そう言って、笑ってくれた井口さん。
 
 
井口さん、ほんとは私もね、
泣き出しそうを通り越して、吐き出しそうだったよ。(笑)
 
 
今回のイベント、色々なことがあったけれど、
そんな全部の感情を一瞬にして忘れてしまうほど、素敵な人たちと、深く同じ時間を過ごすことができた。
 
素晴らしい音を生み出すミュージシャンの方々。
 
舞台監督。
 
ステージに輝きを与えてくれるPAさん、照明さん、舞台のスタッフさん。
 
金ケ崎のスタッフの皆さん。
東京のスタッフの皆さん。
 
木村社長
Mr.マイクハレスコ
高橋町長
 
親愛なるMs.フラスコ
 
みどりの郷の皆さん。
 
1人1人、お名前を書きたいのですが…
 
皆さんありがとうございました。
 
 
今回、人と接するにあたって、「わぁーなんて人なんだぁー…」と、衝撃と感動を何度もいただきました。
 
どんなに疲れていて、どんなに慌てていても、最高に人を気遣える方。
 
大切なもののために、気持ちよく自分を後回しにできる方。
 
この感動の気持ちに意味を与えられるように、私も「素敵」に近づきたいです。
 
改めて、出会えたことに感謝します。
 
 
写真は、左から私、サウンドプロデューサーの八文字さん、舞台監督井口さん。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »